ハイスクール身辺って広島城の事例に関しまして書きます。

ぼくが通っていたハイスクールの路地を挟んで真向かいにこういう城があります。つまり、実習の窓からお城を眺めることができるので、全く相応しい立地にハイスクールがあったものだというのですが、体育の時や部活などでうちのハイスクールの生徒は城のお堀の周りを走らされます。一周が大概1.3kmぐらいで常々何者かしらがそこを走っていました。お堀の周りにはタバコゾーンみたいなところがあって、思い切りハイスクールの教師がそこでタバコを吸っていたのを思い起こします。校舎心的は禁煙ですからね。城の敷地には時々右翼の街宣車がいらっしゃることもあり、しばしばカリキュラム中にその街宣車がお堀の周りを鳴動でBGMを流しながら走ってあり、カリキュラムが中断するといったことも色々ありました。お城の中には堅実200円ぐらいで入れます。消息筋は普通のお城だ。堅実大きな太鼓があって、それを鳴らして遊んでいた記憶があります。ある日定期模試のイングリッシュリスニングの気掛かり中に、街宣車がやってきて、気掛かりが中断されてこともあります。そのときはみんなで苦笑したのを覚えています。只試験はやり直したのですが、また連中が来るのではないかとビクビクしながら気掛かりを解いていました。ハイスクールの校舎からの視点から確かめる城の全景は今でも鮮明に覚えています。産後の薄毛が気になりはじめたらマイナチュレ